コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伏屋素狄 ふせやそてき

6件 の用語解説(伏屋素狄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伏屋素狄
ふせやそてき

[生]延享4(1747).河内
[没]文化8(1811)
江戸時代中期の医師。通称万町権之進,字は正宜,号が琴阪。吉村家に生れ,伏屋家を継いだ。初め漢方を学び,50歳近くなってから橋本宗吉に蘭学を学んだ。解剖を実施し,日本の生理学の先駆となる業績を残し,著書『和蘭医話』にまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

伏屋素狄【ふせやそてき】

江戸後期の医学者。名は正宜,通称は万町権之進。河内の人。初め堺,のち大坂で医業に従い,50歳近くから蘭学を学び,漢蘭折衷派としていくつかの独創的研究を行った。特に《和蘭医話》(1805年)では,腎動脈に墨汁を注入しても輸尿管から澄んだ水が出ることを実験的に確認し,尿生成の〈漉説(ろくせつ)〉を述べた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伏屋素狄 ふせや-そてき

1748*-1812* 江戸時代中期-後期の医師。
延享4年12月1日生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)の酒造業伏屋家の養子。はじめ堺,のち大坂で漢方医を開業。50歳ごろ橋本宗吉に西洋医学をまなび,大矢尚斎らと交遊。腎臓の尿生成機能を確認するなど実験生理学的研究をおこなった。文化8年11月26日死去。65歳。河内(かわち)(大阪府)出身。本姓は吉村。字(あざな)は正宜。通称は万町(まんちょう)権之進。号は琴坂(きんばん),耕文堂。著作に「和蘭医話」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

伏屋素狄

没年:文化8.11.26(1812.1.10)
生年:延享4.12.1(1748.1.1)
江戸後期の蘭方医。号は琴坂,通称は万町権之助。河内国日置荘(堺市)の吉村正常の3男。和泉国南池田村万町(和泉市)の酒造業伏屋家の養子となり,分家を立てた。20歳ごろから約30年間漢方医として堺,次いで大坂で開業していたが,『解体新書』や『西説内科撰要』を読み,また大坂の蘭方医橋本宗吉や大矢尚斎 らとの交遊によって蘭方医学に転向した。実証的な西洋医学に開眼し,寛政12(1800)年大坂の葭島の刑場で尚斎や各務文献らと遺体を解剖,また種々の動物で解剖や生理学的実験を行った。そこで得た知見などを記載した『和蘭医話』2冊を文化2(1805)年に刊行。この書ではカエルの心臓が摘出後もなお動くことや,ブタなどの腎臓の尿を生成する濾過作用を観察しており,その科学的実証主義は高く評価できる。<参考文献>内山孝一「明治前日本生理学史」(日本学士院『明治前日本医学史』3巻),中野操『大坂蘭学史話』

(中山沃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ふせやそてき【伏屋素狄】

1747~1811) 江戸中・後期の医学者。河内の人。五〇歳になってから蘭学を修め、動物の生体解剖や生理学の実験的研究を行い、腎臓の濾過機能を唱えた。著「和蘭医話」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伏屋素狄
ふせやそてき
(1747―1811)

江戸後期の蘭方(らんぽう)医。河内(かわち)国(大阪府)の郷士の家に生まれ、和泉(いずみ)国の伏屋家の分家を継いだ。字(あざな)は正宜(せいぎ)、通称を万町権之進(まんちょうごんのしん)、琴坂(きんぱん)と号した。堺(さかい)で開業後、大坂に出て橋本宗吉(そうきち)と交遊し義兄弟となり、大坂蘭学の草創期にあって、宗吉を中心とする蘭学グループの一員として、腎(じん)機能の実験的実証的研究のほか、多くの実験生理学研究を行い、その成果を自著『和蘭医話(おらんだいわ)』(1803)にまとめた。[宗田 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伏屋素狄の関連キーワード岡田芝斎横山興孝亀田厳楽江馬松斎斎藤方策佐々木中沢杉田恭卿高須松亭広川獬宮本元甫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone