大砲 万右衛門(読み)オオヅツ マンエモン

20世紀日本人名事典の解説

大砲 万右衛門
オオヅツ マンエモン

明治期の力士(第18代横綱)



生年
明治2年11月28日(1869年)

没年
大正7(1918)年5月27日

出生地
磐城県刈田郡大鷹村三沢(現・宮城県白石市)

本名
角張 万次

別名
旧シコ名=三沢滝,年寄名=待乳山(マッチヤマ)

経歴
初めに三沢滝、後大砲と改称。明治18年上京して尾車部屋に入門。20年1月初土俵、25年6月新入幕、26年1月小結に抜擢、32年5月大関に昇進、33年2場所全勝し、34年夏場所で第18代横綱となった。横綱時代は引き分けが多く、負けない横綱として“分け綱”の異名を取った。41年春場所後、引退。外見に似ず細心で、検査役として人望を集めた。幕内成績98勝29敗、51引分、4預かり、優勝2回。194センチ、132キロの巨漢だった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

大砲 万右衛門 (おおずつ まんえもん)

生年月日:1869年11月28日
明治時代の力士(第18代横綱)
1918年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android