コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

常陸山谷右衛門 ヒタチヤマタニエモン

6件 の用語解説(常陸山谷右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひたちやま‐たにえもん〔‐たにヱモン〕【常陸山谷右衛門】

[1874~1922]力士。第19代横綱。茨城県出身。本名、市毛谷右衛門。梅ヶ谷とともに明治期の相撲の黄金時代をつくった。大正3年(1914)引退、年寄5代目出羽の海を襲名。→第18代横綱大砲(おおづつ) →第20代横綱梅ヶ谷

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

常陸山谷右衛門【ひたちやまたにえもん】

力士。本名市毛(いちげ)谷右衛門。水戸の出身。1891年初土俵。1903年2代梅ヶ谷藤太郎とともに19代横綱となり,明治の相撲全盛期を築いた。優勝7回。1914年引退,出羽海部屋を継ぎ多くの力士を育成した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

常陸山谷右衛門 ひたちやま-たにえもん

1874-1922 明治-大正時代の力士,親方。
明治7年1月19日生まれ。もと水戸藩士の子。明治24年出羽海部屋に入門。32年入幕,34年大関,36年19代横綱となる。2代梅ケ谷と「梅・常陸時代」をきずき,角聖といわれた。大正3年41歳で引退。150勝15敗22分け2預かり。年寄出羽海を襲名し,大錦,栃木山,常ノ花の3横綱をだすなど,角界随一の大部屋にそだてた。大正11年6月19日死去。49歳。茨城県出身。本名は市毛谷(たに)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

常陸山谷右衛門

没年:大正11.6.19(1922)
生年:明治7.1.19(1874)
明治期の力士。19代横綱。水戸藩士の子として茨城県水戸に生まれる。本名市毛谷。代々市毛家は藩の弓術指南役を務めた。生まれながらにして骨格,容貌ともに非凡。東京専門学校(早稲田大)受験のため上京したが,明治24(1891)年春,叔父内藤高治のすすめで同郷の先輩出羽海運右衛門の弟子となる。幕下時代にスランプに陥り,巡業中に脱走して大坂相撲に加わる。30年東京に帰参した時はすでに大関の力ありといわれた。32年入幕,34年大関,36年梅ケ谷藤太郎(2代)と共に横綱に推される。取り口は性格同様に豪快無比。必ず受けて立ち,相手に存分に取らせてからおもむろに振り飛ばすか,無造作吊り上げて運ぶという文字通り横綱相撲をみせた。174cm,146kg。幕内通算成績150勝15敗22分け2預かり,優勝7回,32連勝がある。好敵手梅ケ谷と共に梅・常陸時代と呼ばれる角界の黄金期をもたらし,この人気を背景に42年両国国技館が建設された。40年門弟3人と共に渡米し,ホワイトハウスルーズベルト大統領を訪ねて土俵入りを披露し,親善外交の実をあげた。大正3(1914)年引退して出羽海(5代)を襲名,2横綱2大関のほか数多くの幕内力士を育て,角界一の大部屋を築く。「力士は芸人に非ず,武士である」と弟子を指導し,力士の社会的地位向上に努めて「角聖」「御大」と呼ばれた。酒豪,艶福家としても知られた。『相撲大鑑』(1914)を著した。

(木村庄之助28代)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ひたちやまたにえもん【常陸山谷右衛門】

1874‐1922(明治7‐大正11)
明治・大正期の力士。19代横綱。茨城県水戸に生まれた。家は代々藩主の弓・剣道の師範。本名は市毛谷。中学3年のとき進学のため上京したが,勧められて同郷出羽海の門下となり,1891年御西山で初土俵,2年後師名の常陸山と改めた。幕下のとき一時脱走したが,97年帰参してから頭角を現し,十両を1場所で突破して99年1月入幕。1901年大関,03年梅ヶ谷藤太郎とともに横綱免許を受けた。身長174cm,体重146kgの堂々たるアンコ型で,相手の差し手を決めて寄り切る豪放な取口で知られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

常陸山谷右衛門
ひたちやまたにえもん
(1874―1922)

第19代横綱力士。本名市毛で、幼名は谷。現在の水戸(みと)市宝鏡院門前町に生まれ、中学3年のとき出羽海(でわのうみ)部屋に入門。1903年(明治36)6月梅ヶ谷とともに横綱を免許され、「梅・常陸時代」といわれる相撲(すもう)興隆期を築き、天下を二分するその人気は8年後に両国国技館を建設する要因となった。177センチメートル、146キログラムの体格で、取り口は豪放な極(き)め出しを得意とし、攻守に堅実な横綱相撲であった。入幕以来40歳で引退するまでの16年間に、負け星はわずか15にすぎず「明治の角聖」といわれた。14年(大正3)出羽海を継いで取締に就任、社会人としても一流の識見と手腕をもって、力士の品格向上を図った。その後、大錦(おおにしき)、栃木山(とちぎやま)、常ノ花の3横綱をはじめ、三十数人の三役・幕内力士を育成して、一代で出羽海部屋を角界随一の大部屋に発展させた。48歳で病死したが、初の相撲協会葬をもって送られた。[池田雅雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

常陸山谷右衛門の関連キーワード若乃花幹士役力士朝潮太郎朝青龍明徳東富士欽壱綾川五郎次梅ヶ谷藤太郎西ノ海嘉治郎若島権四郎綾川五郎次(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

常陸山谷右衛門の関連情報