コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大砲万右衛門 オオヅツマンエモン

3件 の用語解説(大砲万右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おおづつ‐まんえもん〔おほづつマンヱモン〕【大砲万右衛門】

[1869~1918]力士。第18代横綱。宮城県出身。本名、角張万治。優勝2回。引退後、年寄待乳山(まつちやま)。→第17代横綱小錦 →第19代横綱常陸山(ひたちやま)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大砲万右衛門 おおづつ-まんえもん

1869-1918 明治時代の力士。
明治2年11月28日生まれ。尾車部屋に入門し,明治20年初土俵。三沢滝,のち大砲を名のる。25年入幕,34年18代横綱。身長194cm,体重132kg。右四つを得意として2回優勝。41年引退し,年寄待乳山(まつちやま)を襲名。大正7年5月27日死去。50歳。磐城(いわき)刈田郡(宮城県)出身。本名は角張万治。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

大砲万右衛門

没年:大正7.5.27(1918)
生年:明治2.11.28(1869.12.30)
明治時代の力士。18代横綱。宮城県刈田郡三沢村(白石市)生まれ。本名角張万次。197cm,134kgの長身横綱で,引退直前の明治40(1907)年5月場所で9日間全部引き分けという珍記録を残し,横綱ではなく「分け綱」の異名をとった。明治17(1884)年尾車の門に入る。25年入幕,3勝6敗と負け越しながら次場所は小結に昇進。その後一進一退を続けたが32年大関。34年横綱を許された。取り口はスローモーだったが,右四つ左上手を引くとどんな相手でも攻めあぐんだ。幕内通算51引き分けを記録した。41年引退して待乳山を襲名,現役時代の不細工な相撲ぶりに似合わずなかなかの切れ者で,巡業の売り込みなどに手腕を発揮した。<参考文献>加藤進『歴代横綱物語』

(水野尚文)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大砲万右衛門の関連キーワード朝潮太郎朝青龍明徳東富士欽壱綾川五郎次西ノ海嘉治郎丸山権太左衛門若島権四郎小野さつき谷風梶之助(初代)西ノ海嘉治郎(1)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone