コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大砲万右衛門 オオヅツマンエモン

デジタル大辞泉の解説

おおづつ‐まんえもん〔おほづつマンヱモン〕【大砲万右衛門】

[1869~1918]力士。第18代横綱。宮城県出身。本名、角張万治。優勝2回。引退後、年寄待乳山(まつちやま)。→第17代横綱小錦 →第19代横綱常陸山(ひたちやま)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大砲万右衛門 おおづつ-まんえもん

1869-1918 明治時代の力士。
明治2年11月28日生まれ。尾車部屋に入門し,明治20年初土俵。三沢滝,のち大砲を名のる。25年入幕,34年18代横綱。身長194cm,体重132kg。右四つを得意として2回優勝。41年引退し,年寄待乳山(まつちやま)を襲名。大正7年5月27日死去。50歳。磐城(いわき)刈田郡(宮城県)出身。本名は角張万治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大砲万右衛門

没年:大正7.5.27(1918)
生年:明治2.11.28(1869.12.30)
明治時代の力士。18代横綱。宮城県刈田郡三沢村(白石市)生まれ。本名角張万次。197cm,134kgの長身横綱で,引退直前の明治40(1907)年5月場所で9日間全部引き分けという珍記録を残し,横綱ではなく「分け綱」の異名をとった。明治17(1884)年尾車の門に入る。25年入幕,3勝6敗と負け越しながら次場所は小結に昇進。その後一進一退を続けたが32年大関。34年横綱を許された。取り口はスローモーだったが,右四つ左上手を引くとどんな相手でも攻めあぐんだ。幕内通算51引き分けを記録した。41年引退して待乳山を襲名,現役時代の不細工な相撲ぶりに似合わずなかなかの切れ者で,巡業の売り込みなどに手腕を発揮した。<参考文献>加藤進『歴代横綱物語』

(水野尚文)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大砲万右衛門の関連キーワード谷風梶之助加藤進

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android