コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大船越瀬戸 おおふなこしせと

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大船越瀬戸
おおふなこしせと

長崎県,対馬のほぼ中央にある浅茅湾の東側の瀬戸。ケスタ地形の低部にあたり,朝鮮貿易の盛期であった寛文 12 (1672) 年に対馬藩宗氏によって開削された。今日でも漁船の重要な通路である。浅茅湾に面して漁港の大船越がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の大船越瀬戸の言及

【美津島[町]】より

…地形はほとんどが標高200m以下の丘陵性山地であるが,西部は白嶽(しらだけ)(515m)を最高峰とする山地が急傾斜をなして海に迫る。浅茅湾と対馬海峡(東水道)を結ぶ大船越瀬戸は1672年(寛文12)に,万関(まんぜき)瀬戸は1900年に開削されたもので,東西海域を結ぶ航路となっている。町域を国道382号線が縦貫し,大船越西部には対馬空港(1975完成)がある。…

※「大船越瀬戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大船越瀬戸の関連キーワード美津島[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android