コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大衡[村] おおひら

1件 の用語解説(大衡[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

おおひら【大衡[村]】

宮城県中央部,黒川郡の村。人口6028(1995)。鳴瀬川とその支流吉田川にはさまれた丘陵地にある。東部の丘陵では亜炭を産出していたが,1950年代半ばをピークに衰退し,72年にはすべてが閉山となった。1956年ころから丘陵を刻む谷底などで開田が進み,近年は米作のほか,酪農やリンゴの生産,花卉栽培がふえている。村面積の約20%を占める北西部の王城寺原は明治末期に陸軍の演習場となり,第2次大戦後アメリカ軍が接収したが,現在は陸上自衛隊の演習場になっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大衡[村]の関連キーワード秋保大滝上川小牛田本宮高知仙台多久おおさと朝日山輝右衛門松華

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone