コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大覚野峠(読み)だいがくのとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大覚野峠
だいがくのとうげ

秋田県中央部,米代川の支流阿仁川玉川の支流檜木内川との分水嶺をなす。標高 582m。北秋田市仙北市の境にある。江戸時代阿仁鉱山と南の仙北地方を結び,人馬の背で米などを運ぶ重要路であった。国道 105号線が通り,峠の北東約 2kmを秋田内陸縦貫鉄道が十二段トンネルで抜ける。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android