コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鷲 オオワシ

デジタル大辞泉の解説

おお‐わし〔おほ‐〕【大×鷲】

タカ科の鳥。全長約95センチ、翼を開くと2.4メートルくらいある。全体に黒褐色で、肩や尾は白く、くちばしは黄色。冬鳥として北海道などに渡来尾羽矢羽に使用するため捕らえられ、減少。天然記念物 冬》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおわし【大鷲】

タカ目タカ科の猛鳥。日本の陸鳥中最大で、翼長約2.5メートル。全体に黒褐色。額・翼の中央部・腰・もも・尾が純白、くちばしは黄色。海岸にすみ、魚類・鳥獣類を捕食。カムチャツカ・サハリンなどで繁殖し、日本には冬鳥として渡来。根室付近の海岸に特に多い。古来、尾羽は矢羽根に用いられ、珍重された。天然記念物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大鷲 (オオワシ)

学名:Haliaeetus pelagicus
動物。ワシタカ科の渡り鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

大鷲の関連キーワードヘラクレス(ギリシア神話の英雄)岐阜県郡上市高鷲町大鷲東京都足立区花畑わし座(鷲座)プロメテウスガッチャマンバルイーグル足立(区)狩野芳崖良弁杉矢羽根森功至御嶽海鷲の尾魚類氏子捕食猛鳥安食翼長

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大鷲の関連情報