コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大鷲 オオワシ

2件 の用語解説(大鷲の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おお‐わし〔おほ‐〕【大×鷲】

タカ科の鳥。全長約95センチ、翼を開くと2.4メートルくらいある。全体に黒褐色で、肩や尾は白く、くちばしは黄色。冬鳥として北海道などに渡来。尾羽を矢羽に使用するため捕らえられ、減少。天然記念物 冬》

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おおわし【大鷲】

タカ目タカ科の猛鳥。日本の陸鳥中最大で、翼長約2.5メートル。全体に黒褐色。額・翼の中央部・腰・もも・尾が純白、くちばしは黄色。海岸にすみ、魚類・鳥獣類を捕食。カムチャツカ・サハリンなどで繁殖し、日本には冬鳥として渡来。根室付近の海岸に特に多い。古来、尾羽は矢羽根に用いられ、珍重された。天然記念物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大鷲の関連情報