禿鷲(読み)ハゲワシ

デジタル大辞泉の解説

はげ‐わし【×禿×鷲】

タカ科の一群の鳥。全長60~110センチ。多くは頭部に羽毛がなく裸出している。ユーラシア・アフリカ大陸の温・熱帯地方に14種が分布。屍肉(しにく)を好み、草原の掃除屋として知られる。エジプトハゲワシは石をくわえ、ダチョウの卵に当てて割る習性をもつ。日本にはクロハゲワシ迷鳥としてごくまれに渡来。はげたか。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はげわし【禿鷲】

タカ目タカ科の鳥。コンドル類と同様、頭頸部が裸出し、屍肉を食べる。南アジアからアフリカに十余種が分布する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

禿鷲 (ハゲワシ)

動物。タカ科に属するハゲワシ類の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android