コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大黄 ダイオウ

デジタル大辞泉の解説

だい‐おう〔‐ワウ〕【大黄】

タデ科の多年草の数種の総称。中国西部の高山に自生し、高さ約2.5メートル。葉は大きく、手のひら状に裂けている。夏、緑白色の多数の花が総状に咲く。根茎は肥大し、乾燥したものを漢方で緩下剤・健胃剤にする。日本でもカラダイオウが栽培される。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいおう【大黄】

タデ科の大形多年草。中国北西部原産。高さ2、3メートル。葉は大きく長柄があって掌状に浅裂する。初夏、淡黄色の小花を多数つける。根茎は黄色で肥厚し、外皮を除いて乾燥したものが生薬の大黄で、緩下薬として用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

大黄 (ダイオウ)

植物。タデ科の多年草,薬用植物。ギシギシの別称

大黄 (ダイオウ)

学名:Rheum officinale
植物。タデ科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の大黄の言及

【漢方薬】より

…すなわち低カリウム血症,血圧上昇,ナトリウム・体液の貯留,浮腫,体重増加,ミオパチー。(c)大黄 下痢,腹痛,骨盤内臓器の充血。(d)人参 不眠,高血圧。…

※「大黄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大黄の関連キーワード桂枝加芍薬大黄湯ダイオウ(大黄)柴胡加竜骨牡蠣湯桂枝加芍薬湯大黄牡丹皮湯大黄甘草湯治打撲一方調胃承気湯桃核承気湯治頭瘡一方三黄瀉心湯九味檳榔湯吸出し膏薬神農本草経和気貞説茵蔯蒿湯大承気湯麻子仁丸フウセイ大柴胡湯

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android