牽牛子(読み)けんごし

デジタル大辞泉の解説

けんご‐し【×牛子】

アサガオ。また、アサガオの種子を乾燥したもの。漢方で下剤などに用いる。

けにご‐し【×牛子】

アサガオの別名。けんごし。
「うちつ―(=「うちつけ」ト「けにごし」「げに濃し」ヲ掛ケル)とや花の色を見むおく白露のそむるばかりを」〈古今・物名〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

けにご‐し【牽牛子】

〘名〙 「けんごし(牽牛子)」の変化した語。
※古今(905‐914)物名・四四四「けにこし うちつけにこしとや花の色をみんおくしら露のそむる許(ばかり)を〈矢田部名実〉」

けんぎゅう‐し ケンギウ‥【牽牛子】

〘名〙 アサガオの種子。漢方薬として用いられる。けんごし。
※小右記‐正暦四年(993)五月二四日「至呵梨勒丸、無牽牛子作之由」

けんご‐し【牽牛子】

〘名〙 植物「あさがお(朝顔)」の漢名。また、朝顔の種子の称。けにごし。〔伊京集(室町)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牽牛子 (アサガオ・ケニゴシ;ケンギュウカ;ケンゴシ)

学名:Pharbitis nil
植物。ヒルガオ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の牽牛子の言及

【アサガオ(朝顔)】より


[日本での歴史]
 日本のアサガオは,奈良朝の末期に遣唐使の一行によって中国から渡来したとか,朝鮮の百済(くだら)から持ち込まれたとかいわれるが,定説はない。中国ではアサガオを牽牛(けんご),種子を牽牛子(けんごし)といっている。薬用の種子は黒と白色のもので,利尿,殺虫をかねた峻下剤として,下半身の水腫,尿閉症の妙薬として珍重されたようである。…

※「牽牛子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android