コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

牽牛子 ケニゴシ

デジタル大辞泉の解説

けにご‐し【×牛子】

アサガオの別名。けんごし。
「うちつ―(=「うちつけ」ト「けにごし」「げに濃し」ヲ掛ケル)とや花の色を見むおく白露のそむるばかりを」〈古今・物名〉

けんご‐し【×牛子】

アサガオ。また、アサガオの種子を乾燥したもの。漢方で下剤などに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

けんごし【牽牛子】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。ヒルガオ科アサガオの種子を乾燥させ粉末にしたもの。強い下剤作用がある。利尿剤としても用いられる。強い下剤である牽牛子丸、牛散に含まれる。下剤作用が強いので、注意が必要。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

けにごし【牽牛子】

けんごし 」に同じ。 「うちつ-とや花の色を見む/古今 物名

けんごし【牽牛子】

アサガオ。また、アサガオの種子。瀉下薬に用いる。けにごし。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

牽牛子 (アサガオ・ケニゴシ;ケンギュウカ;ケンゴシ)

学名:Pharbitis nil
植物。ヒルガオ科の一年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の牽牛子の言及

【アサガオ(朝顔)】より


[日本での歴史]
 日本のアサガオは,奈良朝の末期に遣唐使の一行によって中国から渡来したとか,朝鮮の百済(くだら)から持ち込まれたとかいわれるが,定説はない。中国ではアサガオを牽牛(けんご),種子を牽牛子(けんごし)といっている。薬用の種子は黒と白色のもので,利尿,殺虫をかねた峻下剤として,下半身の水腫,尿閉症の妙薬として珍重されたようである。…

※「牽牛子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

牽牛子の関連キーワード奈良県高市郡明日香村越アサガオ(朝顔)七宝(工芸)マルコ山古墳牽牛子塚古墳乾漆棺夾紵棺飛鳥朝顔

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android