コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天つ罪 アマツツミ

デジタル大辞泉の解説

あま‐つ‐つみ【天つ罪】

天上界で素戔嗚尊(すさのおのみこと)が犯した畔放(あはな)ちのような、農耕と祭りに関する罪。→国つ罪
「許多(ここだく)の罪を―と法別(のりわ)けて」〈祝詞・六月晦大祓〉
朝廷の命令による罰。
「恭(つつし)みて―を行へ」〈継体紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あまつつみ【天つ罪】

古代の罪の概念の一。共同体の農耕に関する不法行為やタブー。延喜式によれば、畔放ち・溝埋め・樋放ち・重しきき・串くし刺し・生け剝ぎ・逆剝ぎ・糞戸くそへの八種。 ↔ 国つ罪
朝廷による処罰。 「恭つつしみて-を行へ/日本書紀 継体訓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天つ罪の関連情報