コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天つ罪 アマツツミ

デジタル大辞泉の解説

あま‐つ‐つみ【天つ罪】

天上界で素戔嗚尊(すさのおのみこと)が犯した畔放(あはな)ちのような、農耕と祭りに関する。→国つ罪
「許多(ここだく)の罪を―と法別(のりわ)けて」〈祝詞・六月晦大祓〉
朝廷の命令による罰。
「恭(つつし)みて―を行へ」〈継体紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あまつつみ【天つ罪】

古代の罪の概念の一。共同体の農耕に関する不法行為やタブー。延喜式によれば、畔放ち・溝埋め・樋放ち・重しきき・串くし刺し・生け剝ぎ・逆剝ぎ・糞戸くそへの八種。 ↔ 国つ罪
朝廷による処罰。 「恭つつしみて-を行へ/日本書紀 継体訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

天つ罪の関連キーワード生け剥ぎ・生け剝ぎ死に膚断ち糞戸・屎戸生け剝ぎ重播き樋放ち溝埋め逆剝ぎ串刺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android