コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天使よ故郷を見よ てんしよこきょうをみよ Look Homeward, Angel

3件 の用語解説(天使よ故郷を見よの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天使よ故郷を見よ
てんしよこきょうをみよ
Look Homeward, Angel

アメリカの小説家トマスウルフの自伝的小説の第1作。 1929年刊。作者を思わせる青年ユージン・ガントノースカロライナの山間の町で生れ育ち,地元の州立大学を経てハーバード大学入学を決意して出発するまでを扱う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てんしよこきょうをみよ〔テンシよコキヤウをみよ〕【天使よ故郷を見よ】

《原題Look Homeward, Angelトマス=ウルフ長編小説。1929年刊。1958年、ケティ=フリングズの脚色によりブロードウエーミュージカル化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天使よ故郷を見よ
てんしよこきょうをみよ
Look Homeward, Angel

アメリカの小説家トマス・ウルフの長編小説。1929年刊。初め劇作家志望であったウルフの処女作で、これ以後の小説とともに自伝的大河小説を構成する。作者自身をモデルとする主人公ユージン・ガントが、南部の町アルタモントに生まれてから、州立大学を卒業し、ハーバード大学大学院に入学するところまでを扱った自伝的小説。芸術家肌の石工である父ガントと、実利的な宿屋の経営者である母イライザとの相克、孤独な少年の心を深い愛情で満たす女教師マーガレットとの交流、年上の女ローラとの初恋と失恋、兄ベンの突然の死など、さまざまなできごとを通して、多感な主人公の青春の哀歓を詩情あふれる文体で描く。のちにケティ・フリングズ脚色の『天使よ故郷を見よ』は、ブロードウェーで評判となり、1958年度演劇部門のピュリッツァー賞を受賞した。[古平 隆]
『大沢衛訳『天使よ故郷を見よ』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天使よ故郷を見よの関連キーワード台風の眼サロイヤン記憶よ、語れフッフアメリカの夢時と川の流れアメリカの影菊次郎とさき〈2〉菊次郎とさき〈3〉大草原の小さな家

天使よ故郷を見よの関連情報