コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天城[町] あまぎ

2件 の用語解説(天城[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

天城[町]【あまぎ】

鹿児島県大島郡,徳之島の北西部を占める町。中心の平土野(へとの)は大型船が接岸できる港をもち,浅間には徳之島空港もある。サトウキビを産し,製糖工場がある。バナナ栽培,養豚も営む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまぎ【天城[町]】

鹿児島県大島郡,徳之島北西半を占める町。人口7365(1995)。東は井之川岳(645m)を最高峰とする山岳地帯で,西は東シナ海に面する。海岸段丘が発達し,段丘上は基幹産業のサトウキビを主とする畑地となっている。サトウキビの生産額は奄美諸島中第1位で,平土野(へどの)に大型製糖工場がある。和牛,豚などの畜産,野菜栽培が盛ん。中心地の平土野には沖永良部(おきのえらぶ)航路のフェリーが寄港する。浅間の海岸部には徳之島空港があり,鹿児島空港との間をジェット機で結ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone