コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天塩岳道立自然公園 てしおだけどうりつしぜんこうえん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天塩岳道立自然公園
てしおだけどうりつしぜんこうえん

北海道北東部,天塩岳中心として士別市下川町滝上町西興部村に広がる山岳公園。面積 93.69km2。 1978年指定。北見山地の最高峰天塩岳 (1558m) ,渚滑岳 (1345m) を中心とする南部と,ウエンシリ岳 (1142m) を中心とする北部に分かれる。亜寒帯性混合林と高山植物,山麓に生息するクマゲラキツツキなどの鳥類,カラフトルリシジミ (国指定天然記念物のチョウ) などの昆虫類天塩川源流に生息する魚オショロコマなど原始性豊かな自然が特色。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

天塩岳道立自然公園の関連キーワード北海道紋別郡西興部村西興部(村)下川(町)滝上(町)上川町朝日

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android