コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北見山地 きたみさんち

6件 の用語解説(北見山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北見山地
きたみさんち

北海道中央脊梁山地の北部を構成し,大雪山以北の東側標高約 1000mの山地。中央部の基盤は秩父古生層,中生層,周辺部に新第三紀層が広がり,これらを貫いて安山岩,流紋岩の噴出が見られる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きたみ‐さんち【北見山地】

北海道北東部、東のオホーツク海岸に並行して走る山地。最高峰は天塩(てしお)岳の標高1558メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北見山地【きたみさんち】

北海道北部,大雪山塊以北の北西―南東に延びる山地。古生層,中生層の基盤に第三系が重なり,天塩岳(1558m),武利岳(1876m),武華山(1759m)などが残丘状に突出。
→関連項目美深[町]北海道

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きたみさんち【北見山地】

北海道北部から北東部にかけて走る山地。オホーツク海斜面と日本海太平洋斜面とを分け,また北海道の基本的な気候区を分ける山嶺線の一つとなっている。東は網走川河谷で限られ,西は中央盆地列で天塩山地と,南は石狩川上流の河谷で石狩山地と区分されている。蝦夷山系の一部を構成するが,この山系に含まれる他の山地が南北方向に伸びるのに対して,北東方向に山稜が伸び,いくつかの塊状山地に分かれている。大部分は標高1000m以下のなだらかな従順山地で,南に向かって高度を増し,南部には壮年山地の様相を示す部分もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕北見山地(きたみさんち)


北海道北東部を南北に連なる山地。北海道中央脊梁(せきりょう)山地の北部を占め、南は石狩(いしかり)山地に続く。南部には武利(むりい)岳(標高1876m)・天塩(てしお)岳(同1558m)などの高峰が突出。北部は標高1000m以下のなだらかな山地になっている。古い火山活動に淵源する金属鉱床があり、かつては金を産出した鴻之舞(こうのまい)鉱山や水銀を産したイトムカ鉱山があった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北見山地
きたみさんち

北海道北東部の山地。東のオホーツク海岸に並行して広がり、西は中央盆地列に向かって急斜し、南は石狩山地に接し、南東は網走(あばしり)川河谷で限られている。蝦夷(えぞ)山系の一部を構成するが、他の山地とは違って、いくつかの塊状山地に分かれる。北からポロヌプリ山地、北部・中部・南部の各山地が並び、南に行くにしたがって高度を増す。大部分は1000メートル以下の従順山地であるが、南部には壮年山地の様相を示す部分もある。天塩(てしお)岳(1558メートル)や渚滑(しょこつ)岳(1345メートル)などの高山は、侵食に強い火成岩類からなる残丘である。火成作用によって金、水銀などの金属鉱床が形成され、かつてはイトムカ、鴻ノ舞(こうのまい)などわが国有数の鉱山が操業していた。周氷河性の緩斜面が各所にみられ、オホーツク海沿岸には広い海成段丘が発達して、農業生産性の低い重粘土質土壌をのせている。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

北見山地の関連キーワード円筒土器ホワイト山地道北ベンガル山猫テネレ一の宮[町]岡垣[町]保原[町]1968年十勝沖地震端野〈町〉

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone