コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天塩岳 てしおだけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天塩岳
てしおだけ

北海道北東部,北見山地にある山。標高 1558m。北見山地の最高峰で,士別市滝上町の境に位置する。石狩川天塩川渚滑川の 3水系の源流地で,険しい山容を呈し,頂上付近に急斜面で囲まれた残丘状の地形が認められる。新第三紀中新世の粗粒安山岩が大部分を占める。北海道の山地のなかでは原始景観が特に豊かで,天塩岳道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てしお‐だけ〔てしほ‐〕【天塩岳】

北海道北東部、北見山地の最高峰の山。標高1558メートル。大雪山北方に位置する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕天塩岳(てしおだけ)


北海道北部、上川(かみかわ)総合振興局管内とオホーツク総合振興局管内の境界に位置する山。標高1558m。北見(きたみ)山地南部にあり、その最高峰。全山亜寒帯性針葉樹の原生林におおわれ、山頂部に高山植物帯がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

天塩岳の関連キーワード滝上町桜ヶ丘スキー場北海道紋別郡西興部村朝日(北海道)西興部(村)下川(町)滝上[町]滝上(町)岩尾内湖西興部村上川町渚滑岳朝日