コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天徳四年内裏歌合 テントクヨネンダイリウタアワセ

デジタル大辞泉の解説

てんとくよねんだいりうたあわせ〔テントクよネンダイリうたあはせ〕【天徳四年内裏歌合】

天徳4年(960)3月30日、村上天皇清涼殿で催した歌合わせ。判者藤原実頼。12題20番。のちの歌合わせの規範となった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

天徳四年内裏歌合の関連キーワード大中臣能宣清原元輔天徳歌合壬生忠見平兼盛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android