天徳歌合(読み)てんとくうたあわせ

大辞林 第三版の解説

てんとくうたあわせ【天徳歌合】

歌合。960年(天徳4)3月30日、村上天皇の主催。二〇番。判者小野宮実頼。詠者は源順ら一二人。この歌合で、歌合の次第・様式が完成され、のちの晴の歌合の規範となった。天徳四年内裏歌合。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天徳歌合
てんとくうたあわせ

960年(天徳4)3月30日、村上(むらかみ)天皇が内裏(だいり)の清涼殿で催した歌合。前年8月16日に催された詩合(しあわせ)に触発されて行われたものといわれる。題は、霞(かすみ)・鶯(うぐいす)・柳・桜・山吹・藤(ふじ)・暮春・初夏・郭公(ほととぎす)・卯(う)の花・夏草・恋の12題20番。作者は、左が藤原朝忠(あさただ)、坂上望城(さかのうえのもちき)、橘好古(たちばなのよしふる)、大中臣能宣(おおなかとみのよしのぶ)、少弐命婦(しょうにのみょうぶ)、壬生忠見(みぶのただみ)、源順(したごう)、本院侍従(ほんいんのじじゅう)、右は平兼盛(かねもり)、藤原元真(もとざね)、中務(なかつかさ)、藤原博古(ひろふる)の12人で、当代の有力歌人を結集している。判者(はんじゃ)は藤原実頼(さねより)だったが、天皇の意向を伺うこともあった。講師(こうじ)は、左が源延光(のぶみつ)、右が源博雅(ひろまさ)。上達部(かんだちめ)、殿上人(てんじょうびと)、女房に、天皇が加わって、79名が方人(かたうど)となり、楽人10人も伴う晴儀であった。調度や衣服も左右の色を赤と青とで統一し、王朝文化の精髄が発揮され、以後の歌合の規範となった。判詞(はんし)も飛躍的に進化し、藤原公任(きんとう)の歌論に大きな影響を及ぼした。『源氏物語』「絵合」の準拠ともなっている。『百人一首』にも収められた兼盛と忠見の恋の歌が優劣を競い合ったことも、説話として語り伝えられている。[小町谷照彦]
『萩谷朴・谷山茂校注『日本古典文学大系74 歌合集』(1965・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android