コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天探女 アマノサグメ

5件 の用語解説(天探女の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あま‐の‐さぐめ【天探女】

天照大神(あまてらすおおみかみ)の命で天稚彦(あめのわかひこ)の問責に来た雉(きじ)を、天稚彦に射殺させた邪心の女神。後世の「あまのじゃく」はこの女神のことともいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

天探女 あめのさぐめ

記・紀にみえる神。
高天原(たかまがはら)から葦原中国(あしはらのなかつくに)に派遣された天稚彦(あめわかひこ)が8年間も復命しなかったため,理由をききに雉(きぎし)がつかわされた。天探女はその雉を天稚彦に射殺させた。古来,魔女視され,天邪鬼(あまのじゃく)はそのなまりという説がある。「古事記」では天佐具売。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

天探女

『古事記』『日本書紀』の天稚彦(アメノワカヒコ)神話に脇役として顔を出すユニークキャラクター。地上の葦原の中つ国の平定を命じられたアメノワカヒコが,命に逆らって中つ国を横取りしようとしたので,天照大神高皇産霊尊は雉の鳴女を下界に遣わし,アメノワカヒコに「なぜ命令を果たさないのか」と問わせた。そのとき,アメノサグメはアメノワカヒコに「この鳥は鳴き声がよくない。射殺すのがよろしゅうございます」と進言,アメノワカヒコは,鳴女を弓で射殺したという。サグメは「探ぐる女」の意で,人の心に探りを入れるスパイもどきの人物だが,のちにサグは「逆らう」の意にとられ,民間伝承でおなじみの天邪鬼(アマノザク,アマンジャクメとも)に変身した。

(西條勉)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あめのさぐめ【天探女】

記紀の神話に出てくる女性で,人の心を探ることを役目とし,名もそれにもとづいている。国譲り神話のなかで,地上に派遣されながら復命しない天稚彦(あめわかひこ)に対し,天津神(高天原(たかまがはら)の神々)が雉(きじ)を遣わして訊問したところ,それを聞いたアメノサグメはアメワカヒコに進言して雉を射殺させたという。人の意にいちいち逆らうことを天邪鬼(あまのじやく)といい,また同名のものが昔話に見えるが,それらはこのアメノサグメに由来するといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あまのさぐめ【天探女】

記紀神話の神。天稚彦あめのわかひこの従神。高天原たかまのはらから遣わされた雉きじを天稚彦に射殺させた。一説に、後世の天の邪鬼じやくに関係づけられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天探女の関連キーワード記紀神典天若日子古訓古事記三部本書天稚彦神武東征伝説五百城入姫皇女鬱色謎命倭媛

天探女の関連情報