コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天津教案 てんしんきょうあんTian-jin jiao-an; T`ien-chin chiao-an

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天津教案
てんしんきょうあん
Tian-jin jiao-an; T`ien-chin chiao-an

中国,清末の反キリスト教暴行事件。アヘン戦争後,天津の天主教会は育嬰堂を経営し,孤児捨て子を収容していたが,民衆の間に教会が子供の心臓や目玉をくりぬくなどの噂が広がり,同治9 (1870) 年5月 23日天主教会への打ちこわしが始った。フランス領事 H.V.ホンタニエルをはじめ外国人 20名,中国人信者 50名が殺害され,領事館,教会などが破壊された。戦争にもなりかねない大事件であったが,ドイツ,イタリアの統一戦争に巻込まれていたフランスは賠償を取るにとどまった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の天津教案の言及

【仇教運動】より

…だが,そのつど砲艦が急派され,法外な賠償と関係者の厳罰が強要され,そのため官憲が保身のため逆に教会の保護につとめるようになったとき,かつては受動的に仇教に動員されていた民衆が,哥老会など秘密結社を中核とし,弾圧に抗して主動的に仇教の前面に立つようになり,攻撃の対象も教会に限られなくなった。1870年(同治9)の天津教案は教会の孤児院経営への疑惑(小児誘拐・虐待)に端を発し,フランス領事の発砲傷人事件が引金となって爆発したものであるが,当事者だったフランス系のカトリック教会だけでなく,英・米系の教会や領事館も焼かれ,商人をふくむ20人の外国人が殺された。清朝は同数の民衆の処刑を約束するなど屈辱的条件で解決したが,列強はむしろ教案の発生を利用し,侵略の歩を進めた。…

※「天津教案」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天津教案の関連キーワード仇教運動崇厚

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android