コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天生峠 アモウトウゲ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天生峠
あもうとうげ

岐阜県北部、大野郡白川村と飛騨(ひだ)市の境、庄(しょう)川、宮川両流域の境界の山地にかかる峠。標高1290メートル。泉鏡花(きょうか)の『高野聖(こうやひじり)』には、「飛ぶ鳥も見えず」とあり、第二次世界大戦前には狭い山道が通じるだけであった。いまはこの峠を越える国道360号が通じ、白川村荻(おぎ)町と、飛騨市河合町角川(つのがわ)が結ばれている。峠の東西両斜面は急勾配(こうばい)の坂道で、冬季は積雪で通行不能。峠付近は展望に優れ、紅葉の名所でもある。また、ミズバショウなどの大湿原もあり、県立自然公園に指定されている。[上島正徳]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

天生峠の関連キーワード浅原為頼浅原為頼ハルジー朝ハルジー朝ラムセス2世雪村友梅専照寺叡尊大石寺奴隷王朝

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天生峠の関連情報