コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天皇記(読み)てんのうき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天皇記
てんのうき

日本最古の史書とみられるものの一つ。『日本書紀』によれば,推古 28 (620) 年聖徳太子蘇我馬子とともに編纂したものといわれ,大化改新 (645) に際して蘇我蝦夷邸焼亡とともに焼失したという。内容は不明であるが,歴代天皇の系譜を中心とした『帝紀』などと同種の書とみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

天皇記【てんのうき】

620年聖徳太子蘇我馬子とともに選修した史書。内容は天明であるが,《帝紀》と同じ性質のもので天皇系譜,皇位継承の次第を中心としたものであったと考えられる。同時に《国記》など有力豪族の系譜書なども作られたが,蘇我蝦夷(えみし)が自邸を焼いて自殺したときに,《国記》以外は焼失したという。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てんのうき【天皇記】

日本最古の史書の一。聖徳太子と蘇我馬子の共編という。歴代天皇の系譜を記したもので、645年、蘇我氏滅亡の際に焼失したと伝えられる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報