コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国記 こっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国記
こっき

聖徳太子蘇我馬子によって撰された歴史書。推古 28 (620) 年完成。『天皇記』『臣連伴造国造百八十部并公民等本紀』とともにつくられたとされるが,現在,いずれも伝わっていない。大化改新 (645) の際,蘇我氏の邸とともに『天皇記』と『記』は焼失し,一部の『国記』だけが持出されたともいう。未完成のまま蘇我氏の邸にあったものと推測する説,あるいは風土記の類ではなかったかとする説もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こっ‐き〔コク‐〕【国記】

その国の歴史の記録。国紀。

こっき【国記】[書名]

日本最初の国史書。聖徳太子蘇我馬子(そがのうまこ)と共編したといわれるが、焼失して現存しない。くにつふみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こっき【国記】

聖徳太子が蘇我馬子とともに編集したという歴史書。《日本書紀》の推古28年(620)条に〈天皇記及国記,臣・連・伴造・国造・百八十部幷公民等本記を録す〉とある。内容は不明だが,《古事記》の原史料となった《帝紀》《旧辞》のうちの《帝紀》に《天皇記》が相当するとすれば,《国記》は《旧辞》で,神代以来の物語の集成かという。《天皇記》《国記》は蘇我大臣家に伝わり,645年(大化1)大臣家が焼かれたとき,《国記》のみは船恵尺(ふなのえさか)が救いだして中大兄(なかのおおえ)皇子に献上したというが残っていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こっき【国記】

国の歴史を記したもの。

こっき【国記】

聖徳太子と蘇我馬子が編纂した歴史書。蘇我氏滅亡とともに焼失したといわれる。くにつふみ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

国記
こっき

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の国記の言及

【船恵尺】より

…河内国丹比郡の人。645年(大化1)6月,中大兄皇子・中臣鎌足らが蘇我入鹿を討ち,さらにその父蝦夷(えみし)に迫ったとき,蝦夷は火を放ち〈天皇記〉や〈国記〉,珍宝を焼いたが,恵尺はすばやく〈国記〉をとり出し中大兄に献上した。船氏は王辰爾を祖とする渡来系氏族で,辰爾は欽明朝に船の賦(みつぎ)を数え録する船長(ふねのつかさ)になったため,船史姓を賜ったという。…

※「国記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

国記の関連キーワードオフィシャルレコードオーストラリアデー飛鳥時代(年表)建国記念の日十日市秀悦小野不由美于闐国懸記建国記念日グプタ朝推古天皇小墾田宮蘇我蝦夷I大倉正章三国遺事長五百秋旧事本紀駕洛国記レッグ法顕伝

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国記の関連情報