コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国記 こっき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国記
こっき

聖徳太子蘇我馬子によって撰された歴史書。推古 28 (620) 年完成。『天皇記』『臣連伴造国造百八十部并公民等本紀』とともにつくられたとされるが,現在,いずれも伝わっていない。大化改新 (645) の際,蘇我氏の邸とともに『天皇記』と『記』は焼失し,一部の『国記』だけが持出されたともいう。未完成のまま蘇我氏の邸にあったものと推測する説,あるいは風土記の類ではなかったかとする説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こっき【国記】

聖徳太子が蘇我馬子とともに編集したという歴史書。《日本書紀》の推古28年(620)条に〈天皇記及国記,臣・連・伴造・国造・百八十部幷公民等本記を録す〉とある。内容は不明だが,《古事記》の原史料となった《帝紀》《旧辞》のうちの《帝紀》に《天皇記》が相当するとすれば,《国記》は《旧辞》で,神代以来の物語の集成かという。《天皇記》《国記》は蘇我大臣家に伝わり,645年(大化1)大臣家が焼かれたとき,《国記》のみは船恵尺(ふなのえさか)が救いだして中大兄(なかのおおえ)皇子に献上したというが残っていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こっき【国記】

国の歴史を記したもの。

こっき【国記】

聖徳太子と蘇我馬子が編纂した歴史書。蘇我氏滅亡とともに焼失したといわれる。くにつふみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の国記の言及

【船恵尺】より

…河内国丹比郡の人。645年(大化1)6月,中大兄皇子・中臣鎌足らが蘇我入鹿を討ち,さらにその父蝦夷(えみし)に迫ったとき,蝦夷は火を放ち〈天皇記〉や〈国記〉,珍宝を焼いたが,恵尺はすばやく〈国記〉をとり出し中大兄に献上した。船氏は王辰爾を祖とする渡来系氏族で,辰爾は欽明朝に船の賦(みつぎ)を数え録する船長(ふねのつかさ)になったため,船史姓を賜ったという。…

※「国記」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国記の関連情報