天覧劇(読み)てんらんげき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天覧劇
てんらんげき

一般には天皇御覧の演劇の意であるが,特に 1887年4月 26日外務大臣井上馨 (かおる) 伯爵邸で行われた歌舞伎をいう。演目は『勧進帳』 (9世市川団十郎,1世市川左団次,4世中村福助) ,『高時』 (団十郎) ,『操三番』 (5世尾上菊五郎) ,ほかに『漁師の月見』『元禄花見踊』『曾我の十番斬』『山姥』などで,4日間演目を変えて行われ,第1日に明治天皇,第2日に皇后が臨席した。末松謙澄らの演劇改良会による唯一最大の行事であり,演劇人社会的地位を向上させたといわれる (→演劇改良運動 ) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

てんらんげき【天覧劇】

天皇上覧の演劇。江戸初期にお国歌舞伎を宮中で上演した話や,近代における天覧能などもあるが,史上有名なのは,1887年4月,東京麻布鳥居坂の井上馨邸で催された歌舞伎の天覧である。26日は天皇,27日は皇后,28日は内外高官,29日は皇太后主賓とし,9世市川団十郎,5世尾上菊五郎,初世市川左団次以下全俳優が,間口7間に小さな花道のある仮設舞台で,《勧進帳》《寺子屋》《忠臣蔵》《夜討曾我》《操三番》《土蜘》《花見踊》などを演じた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android