主賓(読み)しゅひん

精選版 日本国語大辞典「主賓」の解説

しゅ‐ひん【主賓】

〘名〙
主人賓客
※本朝無題詩(1162‐64頃)一・暮春長秋監亜相山庄尚歯詩〈藤原実光〉「主尚歯得相従、斯賞山亭風物濃」
※史記抄(1477)四「凡主賓の礼は対面に位を設るものぞ」 〔劉詵‐贈胡履平偕克有之興国詩〕
② おもな客。来客中のもっともおもだった客。
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「邸内の遊薗堂に芭蕉を主賓(シュヒン)とせる送別句会を開いた」 〔王禹偁‐射宮選士賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android