コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天辺・頂辺 てへん

大辞林 第三版の解説

てへん【天辺・頂辺】

かぶとの鉢の頂上の所。日本の兜は、多くこの部分に円穴があいており、頂辺の座、または八幡座という金物で飾ってある。 「金子が兜の-に手をいれて/保元 」 →
頭頂。てっぺん。 「此奴こやつども-さ打ち被かぶる時/滑稽本・浮世風呂

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

天辺・頂辺の関連キーワード浮世風呂

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android