コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天間林 てんまばやし

2件 の用語解説(天間林の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

天間林
てんまばやし

青森県東部,八甲田山 (1585m) の東麓を占める七戸町北部の旧村域。 1889年天魔館 (てんまだて) 村,野崎村,中岫 (なかぐき) 村,花松村,附田 (つくた) 村,榎林村,二ツ森村の7村が合体して天間林村が発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

天間林
てんまばやし

青森県南東部、上北(かみきた)郡にあった旧村名(天間林村(むら))。現在は上北郡七戸(しちのへ)町の北部を占める地域。2005年(平成17)、七戸町に合併。旧村域は八甲田(はっこうだ)山東斜面から小川原(おがわら)湖付近に及ぶが、約50%が山林である。水田は中野川などの流域にあり、台地上は第二次世界大戦前までは陸軍の軍馬補充部用地であったが、戦後は畑地に転換された。1969年(昭和44)多目的の天間ダムが完成し、1200ヘクタールの開田が実現した。国道4号(陸羽(りくう)街道)が通じるほか、みちのく有料道路が開通し、青森―八戸(はちのへ)間が短時間で結ばれるようになった。鉄道は、南部縦貫鉄道が通じていたが、経営難のため1997年(平成9)休止、2002年廃止された。[横山 弘]
『『天間林村史』(1981・天間林村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

天間林の関連キーワード蔦温泉八甲田山遭難事件朝の八甲田八甲田スキー場八甲田山雪中行軍青森県青森市荒川青森県青森市幸畑青森県青森市駒込青森県黒石市八甲青森県青森市柳川

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

天間林の関連情報