コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

太陽定数 たいようていすう solar constant

6件 の用語解説(太陽定数の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

太陽定数
たいようていすう
solar constant

地球上において,太陽光に垂直におかれた単位面を通過する太陽光のエネルギー量。地球と太陽間の距離は季節により変化するので,その平均距離での値をとる。また,地球大気吸収がない場合の値をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たいよう‐ていすう〔タイヤウ‐〕【太陽定数】

地球が太陽からの平均距離にあるときに受ける放射エネルギーの量。値は毎分1平方センチメートルあたり約1.96カロリーで、地上では大気に吸収されて約半分となる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

太陽定数【たいようていすう】

地球が太陽からの平均距離にあり,かつ地球大気の吸収がないとしたとき,太陽光線に直角な地表の単位面積に単位時間当たり入射する太陽放射エネルギー量。1.37kW/m2
→関連項目アルベド太陽熱太陽放射日射

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

たいようていすう【太陽定数 solar constant】

地球と太陽の平均距離において,太陽光線に垂直な単位断面積当り単位時間に入射する太陽の放射エネルギーの総量。地球大気の吸収を避けて大気圏外で得られる値を採用する。最近の人工衛星SMMなどによるもっとも正確な値(1980測定)は,1.37kW/m2(1.96cal/cm2・min)であった。この値自身の誤差は0.05%程度と考えられているが,長期間,例えば黒点の11年周期にわたる変動については今後の測定を待たねばならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たいようていすう【太陽定数】

地球が太陽からの平均距離にある時、大気上空で太陽光に垂直に単位面積単位時間当たり太陽から受けるエネルギー量。1367Wm-2(1.96cal・cm-2・min-1

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

太陽定数
たいようていすう

太陽の放射エネルギーの目安となる量。太陽と地球との平均距離(1億4960キロメートル)の位置で、太陽光線に垂直に置いた面に入射する放射エネルギー量であらわす。1平方メートル当り1.37キロワットである。地上での放射エネルギーは、地球大気の吸収などのために太陽定数の約半分であり、1平方メートル当り約700ワットとなる。太陽の11年の周期活動に伴って変動し、活動の極大期には、約0.14%だけ大きくなる。この現象は太陽活動期に数多く現われる白斑(はくはん)が原因という説と、太陽のダイナモ作用の影響によるという説がある。[日江井榮二郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の太陽定数の言及

【太陽】より

…平均として水よりも比重が大きいのに,太陽全体がガス体であるのは,非常な高温のためである。
[太陽定数]
 気温の日変化や年変化は太陽と地球上のある地点との相対位置の変化によるものであり,その間太陽の放射量自体はいっこうに変化していない。また黒点の増減による変化も微々たるものにすぎないことが長年の観測によって知られている。…

※「太陽定数」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

太陽定数の関連キーワード大潮ガウス定数小潮視太陽平均太陽時視太陽時陽光太陽光金星太陽面通過太陽面座標

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone