コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関西本線 かんさいほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関西本線
かんさいほんせん

近畿地方の中央部を横断する幹線鉄道。全長 175.1km。名古屋から四日市亀山,木津,奈良,王寺を経て大阪市JR難波にいたる。 1899年に全線開通。名古屋-奈良間は関西鉄道,奈良-湊町 (JR難波) 間は大阪鉄道によって開通したが,1900年関西鉄道に統合,07年国有化,87年4月民営化された。亀山までが JR東海,以降が JR西日本に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

関西本線【かんさいほんせん】

名古屋〜奈良〜JR難波間ほか3支線(16.0km)のJR西日本の路線。営業キロ190.9km。関西鉄道と大阪鉄道により1899年全通。翌年全線関西鉄道に統合,1907年国有化。
→関連項目木津川[市]名古屋[駅]弥富[駅]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんさいほんせん【関西本線】

東海道本線名古屋駅を起点に,濃尾,伊勢両平野を西下,鈴鹿山脈を横断し,奈良盆地を経てJR難波(旧,湊町)駅に至る174.9kmのJRの営業線。うち名古屋方の59.9kmはJR東海,JR難波方の115.0kmはJR西日本に属する。ほかに八尾~杉本町間11.3kmの支線,JR貨物に属する平野~百済(くだら)間等4.7kmの貨物支線がある。大きく分けて湊町~奈良間を大阪鉄道が,奈良~名古屋間を関西鉄道が建設し営業を開始したが,1900年両社が合併して関西鉄道となり,07年政府が買収し国鉄線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんさいほんせん【関西本線】

名古屋・ JR 難波(大阪市)間の鉄道線。名古屋・亀山(59.9キロメートル)の JR 東海、亀山・ JR 難波(115キロメートル)の JR 西日本からなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関西本線
かんさいほんせん

JRの線路名称。名古屋―亀山間59.9キロメートルは東海旅客鉄道の管轄で、複線化率32.7%、亀山―JR難波(なんば)間115.0キロメートルは西日本旅客鉄道の管轄で、複線化率38.0%である。名古屋―亀山間、加茂(かも)―JR難波間が直流電化されている。名古屋―木津間は関西鉄道会社によって1890~1899年(明治23~32)に、木津―奈良間は奈良鉄道会社によって1896年に、奈良―湊町間は大阪鉄道会社によって1889~1892年にそれぞれ開通したが、関西鉄道会社は大阪、奈良両鉄道会社を合併し、1907年(明治40)国有化された。沿線には四日市(よっかいち)、奈良、大和郡山(やまとこおりやま)などの諸都市がある。
 関西鉄道時代には名古屋―大阪間で官鉄東海道本線と激しい競争を演じたが、国有後は近代化が進まず、競争線となる大阪電気軌道とその後身である近畿日本鉄道が、この沿線における旅客輸送の幹線となって客を奪ったため、まったく振るわなかった。第二次世界大戦後、大阪と名古屋の郊外通勤線としてようやく電化が進められ、湊町―奈良間が1973年(昭和48)、八田(はった)―亀山間が1982年に完成した。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、東海旅客鉄道、西日本旅客鉄道に所属。加茂―JR難波間は大和路(やまとじ)線の愛称でよばれる。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

関西本線の関連キーワード奈良県北葛城郡王寺町三重県三重郡朝日町奈良県生駒郡三郷町大阪府大阪市平野区西日本旅客鉄道郡山(奈良県)柘植(三重県)木津川[市]名古屋[駅]亀山[市]伊賀[市]河合[町]王寺[町]弥富[市]鈴鹿[市]桑名[市]浪速[区]長島[町]弥富[駅]加茂[町]

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

関西本線の関連情報