コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

姚興 ようこうYao Xing; Yao Hsing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

姚興
ようこう
Yao Xing; Yao Hsing

[生]東晋,太和1(366)
[没]永和1(416)
中国,五胡十六国後秦の第2代皇帝 (在位 394~416) 。廟号は高祖。姚萇の子。前を滅ぼし,東晋の洛陽を攻略して淮漢二水以北の晋の諸城を勢力下におき,さらに西秦を攻略し,また後涼を下した。南,北涼,西涼も奉献した。こうして後秦の勢力は伸びたが,晩年には赫連勃勃 (かくれんぼつぼつ) が彼のもとから独立 (夏国) ,東晋の劉裕の圧力などのため国勢が衰えた。後涼を下したとき,鳩摩羅什 (くまらじゅう) を長安に迎え,訳経,造寺の業を起し,仏教を盛んにした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ようこう【姚興 Yáo Xīng】

366?‐416
中国,五胡十六国の一つ(後秦)の第2代皇帝。在位393‐416年。初代姚萇の長子。即位すると前秦を滅ぼし,洛陽を攻略し,江北各地を東晋から奪うなどの戦果を挙げ,河西方面に対しても後涼を滅ぼし,西秦,南涼などを一時服属させた。姚興は儒学振興につとめ,一方でクマーラジーバ(鳩摩羅什)の訳経事業を推進,みずからも仏道に帰依したという。諫言をいれ寛容を旨とする明君であったが,皇太子の姚泓よりもその弟の姚弼を寵愛したことから姚氏一族の結束を弱める結果を生んだ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の姚興の言及

【秦】より

…のちその勢力は前に入ったが,姚弋仲の子姚萇(ようちよう)は前秦の瓦解を機に自立し,苻堅をとらえて長安に即位した。その子の姚興は洛陽を占領し,後涼を併せ,北涼,南涼,西涼を臣属させるなど国威を張ったが,その子姚泓のとき東晋の劉裕に滅ぼされた。後秦では仏教が尊信され,クマーラジーバ(鳩摩羅什)の訳経事業で知られる。…

※「姚興」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

姚興の関連キーワード鳩摩羅什(くまらじゅう)僧肇僧叡天王僧正

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android