コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫉視 シッシ

デジタル大辞泉の解説

しっ‐し【嫉視】

[名](スル)ねたみ憎む気持ちで見ること。「同僚を嫉視する」「嫉視反目」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しっし【嫉視】

( 名 ) スル
ねたみの気持ちで他人を見ること。うらやみねたむこと。 「仲間の-を浴びる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

嫉視の関連キーワード叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質オルレアン公フィリップ1世ハインリヒ獅子公中島名左衛門大江健三郎麻田剛立平正盛以仁王浄厳法然仲間妬視

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android