敵視(読み)てきし

精選版 日本国語大辞典「敵視」の解説

てき‐し【敵視】

〘名〙 としてみること。敵または対抗者として取り扱うこと。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「彼の敵す可きものか其友視す可きものかを弁別し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「敵視」の解説

てき‐し【敵視】

[名](スル)相手を敵として見ること。敵とみなして憎むこと。「他人をむやみに敵視する」
[類語]目の敵憎む嫌う忌み嫌う恨むそねのろ嫌がる厭う憎悪する嫌悪する仇視きゅうしする嫉視しっしする呪詛じゅそする唾棄だきする白い目で見る

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android