コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厭う イトウ

2件 の用語解説(厭うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いと・う〔いとふ〕【×厭う】

[動ワ五(ハ四)]
嫌って避ける。嫌がる。「団体行動を―・う」「どんな苦労も―・わない」
かばう。大事にする。いたわる。現代では多く健康についていう。「おからだをお―・いください」
「元より惣八、門之進を―・ひけるより」〈浮・懐硯・二〉
(多く「世をいとう」の形で)世俗を嫌って離れる。出家する。
「世の憂きにつけて―・ふは」〈・夕霧〉
危険や障害などを避ける。しのぐ。
「霜雪の寒苦を―・ふに心なし」〈笈の小文

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いとう【厭う】

( 動五[四] )
いやに思う。いやに思って避ける。 「世を-・う」 「水仕事を-・う」 「煩はんを-・わず」
大事にする。いたわる。 「お体をお-・い下さいませ」
(「世を厭う」から)出家する。 「山里に浮世-・はん友もがな/新古今 雑中

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

厭うの関連キーワード打ち揃う為合う忍び逢う綯う篩う忌嫌う忌む請合う請負う連合う

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

厭うの関連情報