コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

厭う イトウ

デジタル大辞泉の解説

いと・う〔いとふ〕【×厭う】

[動ワ五(ハ四)]
嫌って避ける。嫌がる。「団体行動を―・う」「どんな苦労も―・わない」
かばう。大事にする。いたわる。現代では多く健康についていう。「おからだをお―・いください」
「元より惣八、門之進を―・ひけるより」〈浮・懐硯・二〉
(多く「世をいとう」の形で)世俗を嫌って離れる。出家する。
「世の憂きにつけて―・ふは」〈・夕霧〉
危険や障害などを避ける。しのぐ。
「霜雪の寒苦を―・ふに心なし」〈笈の小文

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いとう【厭う】

( 動五[四] )
いやに思う。いやに思って避ける。 「世を-・う」 「水仕事を-・う」 「煩はんを-・わず」
大事にする。いたわる。 「お体をお-・い下さいませ」
(「世を厭う」から)出家する。 「山里に浮世-・はん友もがな/新古今 雑中

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

厭うの関連キーワード濡れぬ先こそ露をも厭えコンテムツスムンジ筑波東北風俳諧歌水仕事霜雪惣八耳煩浮世

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android