コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恨む/怨む/憾む ウラム

1件 の用語解説(恨む/怨む/憾むの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うら・む【恨む/怨む/憾む】

[動マ五(四)]
ひどい仕打ちをした相手を憎く思う気持ちをもちつづける。「冷たい態度を―・む」
自分の思うようにならない状況に不満や悲しみを持ちつづける。「世の中を―・む」
(憾む)望みどおりにならず、残念に思う。「機会を逸したことが―・まれる」
[動マ上二]
1に同じ。
「世の中はいかに苦しと思ふらむここらの人に―・みらるれば」〈古今・雑体〉
ぐちを言う。
「花散らす風の宿りは誰か知る我に教へよ行きて―・みむ」〈古今・春下〉
無念を晴らす。仕返しをする。
「入道相国朝家を―・み奉るべき事必定と聞こえしかば」〈平家・三〉
[補説]中世までは上二段活用、近世になって四段活用に転じた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone