コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

嫌う キラウ

2件 の用語解説(嫌うの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きら・う〔きらふ〕【嫌う】

[動ワ五(ハ四)]
いやがって、その対象とかかわりたくないと思う。好ましくないものとして、避ける。「世間から―・われる」「不誠実な人を―・う」
はばかって、それをしないようにする。また、そうすることをいやだと思う。「葬式は友引の日を―・う」「相手の差し手を―・う」
(人になぞらえた言い方で)それがあるとそこなわれやすいので避けるべきである。「塩は湿気を―・う」
(「きらわず」の形で用いる)区別する。わけへだてをする。「相手―・わず論争を挑む」「所―・わずつばをはく」
連歌・連句で、句の配列上、同類の言葉を付けたり、ある特定の語を特定の場所に使ったりすることを忌み避ける。
よくないものとして退ける。
「穢(きたな)き奴(やっこ)どもを―・ひ賜ひ棄て賜ふに依りて」〈続紀・宣命・一九詔〉
[用法]きらう・いやがる――「ゴキブリを嫌う(いやがる)」では相通じて用いられるが、「ごきぶりを嫌って、見るのもいやがった」では「嫌う」「いやがる」を入れ換えると不自然になる。◇「嫌う」はいやだと思う気持ちを示すだけだが、「いやがる」は嫌う気持ちを態度や言葉に表すことである。「母と別れるのをいやがって泣いた」「いやがる相手を交渉の場に引き出す」などでは「嫌う」は使わない。◇類似の語に「いとう」がある。「いとう」はやや古い言葉で、「世をいとう」のように、できれば避けたいものだという気持ちが強い。◇また、「おからだ、十分においといください」は、悪い要素を避けておいたわりくださいの意で、「いとう」独特の用法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きらう【嫌う】

( 動五[四] )
(人や動物が主語となって)
いやだと思う。 「人に-・われる」 「家業を-・って家を出る」
(好ましくないものを)避けようとする。 「連休の混雑を-・って旅行を見合わせる」
(無生物を主語として)それがあると具合の悪いことが生ずるから避ける。 「海苔のりは湿気を-・う」 「酵素は高温を-・う」
区別する。えり好みする。打ち消しの語を伴って用いる。 「所-・わず寝ころがる」
好ましくないとして退ける。 「穢き奴等を-・ひ賜ひ/続紀 天平宝字一宣命
連歌・俳諧で、句の配列上、同類の言葉を付けることを避ける。また、ある特定の語を特定の場所に使うことを避ける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

嫌うの関連キーワード支う為合う血迷う出来合う綯う忌嫌う耡う書損なう掛違う雇う

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

嫌うの関連情報