コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子をつれて コヲツレテ

3件 の用語解説(子をつれての意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こをつれて【子をつれて】

葛西善蔵(かさいぜんぞう)の小説。大正7年(1918)発表。借家を出され、子供を連れて夜の街をさまよい歩く貧しい小説家の哀感を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こをつれて【子をつれて】

小説。葛西善蔵作。1918年(大正7)「早稲田文学」に発表。貧しい小説家が家賃滞納で立ち退きを迫られ、二人の子を連れて街をさまようさまを、瓢逸ひよういつ味と詩情をもって描く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子をつれて
こをつれて

葛西善蔵(かさいぜんぞう)の出世作。1918年(大正7)3月の『早稲田(わせだ)文学』に発表、24年新潮社刊の同名の短編集に収録。小説家の小田が、金策のために帰郷した妻からの音沙汰(おとさた)がないまま、家を追い立てられ、2人の子をつれて夜の街にさまよい出る話。ひたすら「休息」を欲する父と、かれんな子の無邪気さがみごとなコントラストをなして描き上げられている。葛西の「悪生活」がうかがわれるが、その悪生活からでも感興を得て小説家たらんとした破滅志向や、香典返しのエピソードにみられる特異な被虐意識など、この作家の創作の方法を考えるうえで重要な作品。[榎本隆司]
『葛西善蔵著『椎の若葉・湖畔手記他9編』(旺文社文庫) ▽谷崎精二著『放浪の作家 葛西善蔵評伝』(1955・現代社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

子をつれての関連キーワード葛西善蔵奇蹟葛西海苔葛西舟葛西踊舟木重雄大平善蔵近藤善蔵堀善蔵松村善蔵

子をつれての関連情報