コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

子捕ろ子捕ろ コトロコトロ

世界大百科事典 第2版の解説

ことろことろ【子捕ろ子捕ろ】

鬼ごっこの一種。〈おやとりことり〉〈ことりおに〉〈ことろ〉など類似の別称があり,地方によっては〈おくまどろどろ〉〈ねこっこ〉などとも呼ばれる。江戸後期の随筆《骨董集》(山東京伝)に〈今童遊びに子とろ子とろといふ事をすめり。これいと古き事也。古へは比比丘女(ひふくめ)といへり。その始原は恵心僧都経文の意をとり,地蔵菩薩罪人をうばひ取給ふを,獄卒取かへさんとする体をまなび,地蔵の法楽にせられしより始れりといへり〉とあり,仏法の意に基づいて恵心僧都源信が創案した遊びで,古くは〈ひふくめ〉と呼ばれていたことがうかがわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ことろことろ【子捕ろ子捕ろ】

児童の遊戯の一。鬼・親各一名を決め、他は子となって、親の後ろに連なる。鬼が最後尾の子を捕まえようとするのを、親は両手をひろげて妨げ、子は捕まえられると、鬼を交代する。ひふくめ。子捕り。子買お。こをとろことろ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

子捕ろ子捕ろ
ことろことろ

子供の遊びで鬼遊びの一つ。一群のなかから1人の鬼を選び、その1人に対しほかは1人と多数の子供という形で進められていく遊び。この遊びは平安時代から行われ、ヒフクメの名で知られていた。地獄から鬼が子供を捕りにくるのを地蔵菩薩(ぼさつ)が防ぐという意味ともいわれ、恵心僧都(えしんそうず)が子供たちに教えたものとも伝えられている。江戸初期には「子捕り鬼」ともよばれ、子を捕ろうとする者と捕られまいと守る者の間で、次のような問答がある。鬼「子を捕ろ子捕ろ」、一同「どの子をみつけた」、鬼「ちょっとみりゃあの子」、一同「さあ捕ってみしゃいな」というもので、形式としては、鬼に向き合った親を先頭にして子は縦に長くつながる。鬼は列の最後の子を捕ろうとして右に左に追いかけ、これを防いで親は両手を広げて懸命に子を守る。結局捕らえられた者が次の鬼となり、鬼は今度は親になるのである。
 先に述べた問答のことばのやりとりに遊びの興味が移っていって、広い地域にさまざまな問答体のことばが発達している。しかもそうなると、「子捕ろ」でなく「子買(か)お」というほうが名称としてふさわしいものとなり、そこで、鬼「子買お子買お」、一同「子に何しんじょ、砂糖にまんじゅう」、鬼「それは虫の大毒」というような問答が発達する。これは幕末の『風俗問状答書』にあげられた奥州白川(福島県)の例であるが、ほかの各地にもこれとよく似たものが発達して、遊びそのものも、物の売り買いの形に変わってきている。[丸山久子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の子捕ろ子捕ろの言及

【鬼ごっこ】より

…いわゆる〈目隠し鬼〉で,江戸後期は〈めなしどち〉〈めんないちどり〉などとも呼んでいた。(6)子捕ろ型 〈子捕ろ子捕ろ〉の項参照。(7)区画型 ある形の区画を描き,それに応じたルールを定めて行う。…

※「子捕ろ子捕ろ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

子捕ろ子捕ろの関連キーワード駒取り・小間取り子捕り・子取り最後尾子捕り児童遊戯両手

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

子捕ろ子捕ろの関連情報