コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

字音仮名遣い ジオンカナヅカイ

4件 の用語解説(字音仮名遣いの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じおん‐かなづかい〔‐かなづかひ〕【字音仮名遣い】

漢字音を仮名によって表記するときの仮名遣い。特に、歴史的仮名遣いのうち、漢字の字音における同音のものの仮名の書き分けをいう。例えば、「こう」という音の漢字「孝」「甲」「公」「劫」「皇」をそれぞれ「かう」「かふ」「こう」「こふ」「くゎう」と表記する類。主として韻鏡」により、江戸時代に大体まとめられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

字音仮名遣い【じおんかなづかい】

歴史的仮名遣いのうち,漢字の字音を仮名で表す場合の同音の書分けをいう。たとえば伊(い)・位(ゐ),衣(え)・恵(ゑ),於(お)・汚(を),自(じ)・治(ぢ),誦(ず)・図(づ)など。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じおんかなづかい【字音仮名遣い】

今日いわゆる歴史的仮名遣いは,その基礎を契沖によって定められたが,契沖が問題としたのは,固有の日本語の仮名遣いについてであった。本居宣長は,この歴史的仮名遣いの問題を,漢字について吟味し,これを〈字音仮名遣〉と名づけた(国学者たちは,これを〈もじごえかなづかい〉とよませたものと思われる)。要するに字音仮名遣いとは,漢字の日本におけるよみ方(すなわち〈訓〉に対する〈音(おん)〉)を仮名で表す場合の一つの方式で,その方式の根拠を歴史的仮名遣いの立場に求めようとするものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

字音仮名遣い
じおんかなづかい

和語の「歴史的仮名遣い」に対して、字音を表記する場合の仮名の遣い方を示したもの。今日の辞典類に示されているのは、本居宣長(もとおりのりなが)が『字音仮字用格(かなづかい)』(1776刊)で定めたものに若干の修正を加えたもので、その使い分けの要点を例字とともに示せば次のようである。
  伊(イ)、為(ヰ)、尤(イウ)、雄(ユウ)、由(ユ)、邑(イフ)、陽(ヤウ)、用(ヨウ)、因(イン)、尹(ヰン)、育(イク)、乙(イツ)、聿(ヰツ)、域(ヰキ)、衣(エ)、恵(ヱ)、遙(エウ)、葉(エフ)、翳(エイ)、衛(ヱイ)、煙(エン)、袁(ヱン)、謁(エツ)、越(ヱツ)、益(エキ)、於(オ)(ヲ)、応(オウ)、翁(ヲウ)、奥(アウ)、王(ワウ)、押(アフ)、恩(オン)、温(ヲン)、憶(オク)、屋(ヲク)、乙(オツ)、越(ヲツ)、九(キウ)、急(キフ)、高(カウ)、公(コウ)、光(クワウ)、合(カフ)、怯(コフ)、薑(キヤウ)、共(キョウ)、肴(ケウ)、叶(ケフ)、周(シウ)、衆(シユウ)、十(シフ)、早(サウ)(ソウ)、雑(サフ)、章(シヤウ)、鍾(シヨウ)、梢(セウ)、妾(セフ)、宙(チウ)、中(チユウ)、蟄(チフ)、稲(タウ)、東(トウ)、答(タフ)、長(チヤウ)、重(チヨウ)、朝(テウ)、帖(テフ)、脳(ナウ)、農(ノウ)、納(ナフ)、嬢(ニヤウ)、女(ニヨウ)、鐃(ネウ)、捻(ネフ)、柔(ニウ)、入(ニフ)、保(ハウ)、蓬(ホウ)、乏(ハフ)、法(ホフ)、平(ヒヤウ)、冰(ヒヨウ)、豹(ヘウ)、毛(マウ)、蒙(モウ)、明(ミヤウ)、貌(メウ)、留(リウ)、立(リフ)、老(ラウ)、籠(ロウ)、拉(ラフ)、良(リヤウ)、龍(リヨウ)、燎(レウ)、猟(レフ)、自(ジ)、治(ヂ)、蛇(ジャ)、樹(ジュ)、序(ジヨ)、除(ヂヨ)、神(ジン)、陣(ヂン)、淳(ジユン)、孰(ジク)、竺(ヂク)、寂(ジヤク)、著(ヂヤク)、粥(ジユク)、辱(ジヨク)、濁(ヂヨク)、実(ジツ)、帙(ヂツ)、述(ジユツ)、朮(ヂユツ)、食(ジキ)、直(ヂキ)、豆(ヅ)、隋(ズヰ)
 この仮名遣いは、『韻鏡』という韻図に従って多分に演繹(えんえき)的に定められたものであると同時に、江戸時代の音韻を背景にしてつくられたものであったために、実際の古代文献にみられる仮名の使われ方と矛盾する点がある。たとえば、宣長は「水」「隋」などを「スヰ」「ズヰ」としたが、古代文献では「スイ」「ズイ」となっている。また、「保」「帽」「毛」を「ハウ」「バウ」「マウ」としたが、古代文献では「ホウ」「ボウ」「モウ」となっている。これらは、今日の辞典類では古代文献にみられる形に修正される大勢にある。さらに、江戸時代の音韻にはカ行合拗音(ごうようおん)のみが残存していたために、宣長は「光(クワウ)」などは認めたが、古代文献にみられる「均(クヰン)」「元(グヱン)」などイ列やエ列合拗音は認めていない。このように、「字音仮名遣い」は今後修正を施さなければならない問題点を多く残している。[沼本克明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の字音仮名遣いの言及

【仮名遣い】より

…同じ音を表す仮名が二つ以上ある場合に,どちらの仮名を用いて国語を書くのが正しいかを定める定め方で,鎌倉時代以後から意識的な問題となった。江戸時代以後には漢字の字音をどんな仮名で表すかも問題とされるようになったが,それは字音仮名遣いという。最初に仮名遣いを意識的に取り上げた藤原定家の仮名遣いを〈定家仮名遣い〉という。…

【国語学】より

…なお,契沖は,たとえば,仮名の〈い〉と〈ゐ〉との違いが,昔の発音の違いに対応するものだということは,いまだ知らなかった。契沖も,一部の漢語については,それらの仮名遣いを取り上げたけれども,いわゆる字音仮名遣い全体に関する研究は,おくれて,本居宣長に至って,はじめて完成された(《字音仮字用格》)。宣長は,実際に万葉仮名を韻書と対照する方法をとった。…

【国語国字問題】より

…1982年3月に発足した第15期国語審議会では,現代かなづかいの見直しが進められている。 漢字の字音についても,従来は,字音仮名遣いがあったが,これも,発音的に改められた。元来,字音仮名遣いは,実際に古書につけられている字音のふり仮名を集めるよりも,韻書の反切(はんせつ)や,韻図などによって,理論的に割り出したものが多く,実際にあたっては専門家でも細かい点では決定困難なものがかなりある。…

※「字音仮名遣い」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

字音仮名遣いの関連キーワード稚く仮名遣い旧仮名遣い現代仮名遣いどじ表音式仮名遣い稚ない新仮名遣い発音的仮名遣い歴史的仮名遣い