孝道教団(読み)こうどうきょうだん

百科事典マイペディアの解説

孝道教団【こうどうきょうだん】

仏教系新宗教の一派。霊友会分裂の契機となった最初の教団。1936年に霊友会から分かれて孝道会が設立された。教祖岡野正道はもと天台宗の僧で法華信仰を実生活に生かすことを説き,供養を重んじ,ラジオを利用する説教放送に力を入れた。本部は横浜市神奈川区鳥越。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうどうきょうだん【孝道教団】

岡野正道が1936年に霊友会から分立して創設した法華教系新宗教の一派。当初は孝道会と称したが,46年に孝道教団と改称。開創者岡野が僧籍をもっていたこともあり,分立後は在家仏教主義をたてて天台色を強めていった。正法大曼荼羅を崇拝対象にし,法華三部経を経典とする。本部は横浜市神奈川区。【大濱 徹也】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android