宇出津(読み)うしつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇出津
うしつ

石川県北部,能登町南部に位置する旧町域。1889年近隣 1町 2村が合体して町制。1955年小木町,三波村,神野村の一部と合体して能都町となり,2005年柳田村,内浦町と合体して能登町となった。能登半島北東岸の小湾に臨む港を中心に発達し,江戸時代から定置網漁(→定置網)の地。また能登線の開通までは奥能登と七尾,富山方面を結ぶ商港でもあった。内浦の代表的な漁港で,特に定置網漁によるブリの水揚げが多い。付近に縄文真脇温泉や弁天島があり,内浦観光の拠点となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇出津
うしつ

「うしゅつ」「うせつ」ともいう。石川県鳳珠(ほうす)郡能登(のと)町の一地区。宇出津湾岸に開けた古くからの港町で、奥能登の物資の集散地としてにぎわった。舟運で富山県と物資交流が盛んであったが、現在は漁港で商工業も盛んである。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年(平成17)4月廃止され、現在は代替バスが通じている。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宇出津の言及

【能都[町]】より

…人口1万2581(1995)。能登半島東部の富山湾に面する内浦にあり,宇出津(うしつ),鵜川など多くの漁業集落が発達する。中心の宇出津は近世以降クジラ漁やブリの大敷網漁,イカ釣漁でにぎわった能登屈指の漁港で,内陸の奥能登丘陵一帯からの農林産物を越中方面へ積み出す港としても繁栄した。…

※「宇出津」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇出津の関連情報