宇多津町(読み)うたづ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宇多津〔町〕
うたづ

香川県中部,坂出市の西に接し,備讃瀬戸にのぞむ町。 1898年町制。 1955年飯野村の一部を編入。中心集落の宇多津は旧鵜足 (うたり) 郡の津でこの名がある。高松藩の米倉がおかれ,金刀比羅参りの船着場として栄え,明治初年に大塩田が開かれた。塩田跡には瀬戸大橋線の四国側の玄関口宇多津駅が開設,市街化が進んでいる。大束川河口部から塩田跡にかけて家庭電器メリヤス,建築部材などの工場があり,工業地化が進んだ。坂出市との境の聖通寺山には,番の州工業地区を見渡す常盤公園,重要文化財の千手観音立像を所蔵する聖通寺がある。郷照寺四国八十八ヵ所の第 78番札所。 JR予讃線が通り,北部に瀬戸大橋が開通してからは町域東部を瀬戸中央自動車道が通るなど町勢が拡大している。面積 8.1km2。人口 1万8952(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キログラム原器

メートル法の質量の単位キログラムを定義する人工基準器。国際キログラム原器はパリ郊外セーブルの国際度量衡局に保管された白金-イリジウム合金製の円柱形の分銅である。この合金は酸化などの化学変化や摩滅などの...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宇多津町の関連情報