コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂出市 さかいで

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂出〔市〕
さかいで

香川県中部,丸亀平野の北東部を占め,瀬戸内海にのぞむ市。備讃諸島の与島,櫃石島,岩黒島,小瀬居島を含む。 1942年市制。 51年加茂村,53年与島村,54年府中村,55年川津村,56年松山村,王越村をそれぞれ編入。宇多津から田尾坂を越えて出たところにあるので,坂出の地名がついた。慶長7 (1602) 年赤穂の移住者が塩田を開き,文政 13 (1830) 年久米通賢が大塩田と港を造成。第2次世界大戦後塩田は姿を消し,瀬居島,沙弥島市街地を結んだ番の州埋立て地が造成され,造船,アルミニウム精錬,石油などの大工場が立地し,県内最大の工業地区となった。南部の城山 (きやま。史跡) には朝鮮式山城跡があり,山麓に国府跡や古墳群など遺跡が多い。西部に府中・山内瓦窯跡 (史跡) がある。西庄町には四国八十八ヵ所の第 79番札所高照院,白峰山には第 81番札所白峰寺,崇徳上皇の白峰陵があり,南西麓の神谷神社本殿は国宝。北東部には瀬戸内海が一望できる景勝地五色台があり,南部の城山,飯野山周辺とともに瀬戸内海国立公園に属する。 1988年瀬戸大橋が完成,倉敷-坂出間に陸上交通路が開かれた。 JR予讃線瀬戸大橋線が通り,瀬戸中央自動車道と国道 11号線を結ぶインターチェンジ高松自動車道と結ぶ坂出ジャンクションがある。面積 92.49km2。人口 5万3164(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さかいで‐し【坂出市】

坂出

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

坂出市の関連情報