コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇津木遺跡 うつきいせき

世界大百科事典 第2版の解説

うつきいせき【宇津木遺跡】

東京都八王子市宇津木向原にあり,多摩川右岸の舌状台地北東端の平坦地に位置する縄文,弥生時代の遺跡。1964年の中央高速自動車道八王子インターチェンジの建設工事に先立つ発掘調査で,弥生時代終末期の特殊な4基の墓が発見された。しばらくして方形周溝墓と名づけられたが,以後この種の墓の発見が各地で相次いだ。発掘では縄文時代中期の集落と,弥生時代中期末の竪穴1,同後期のもの53基が見つかり,その東方20m余のところに,南北方向に4基の方形周溝墓が並んでいた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android