コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田川玄真 ウダガワゲンシン

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田川玄真 うだがわ-げんしん

1770*-1835* 江戸時代後期の蘭学者,医師。
明和6年12月28日生まれ。宇田川玄随,大槻玄沢(おおつき-げんたく)らにまなび,宇田川家をついで美作(みまさか)(岡山県)津山藩医となる。幕府によるフランス人ショメルの百科全書の翻訳(「厚生新編」)にくわわる。「遠西医方名物考」「和蘭(オランダ)薬鏡」など医学,博物学の訳書を刊行した。天保(てんぽう)5年12月4日死去。66歳。伊勢(いせ)(三重県)出身。本姓安岡。名は璘。号は榛斎(しんさい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

うだがわげんしん【宇田川玄真】

1769‐1834(明和6‐天保5)
江戸後期蘭学者。宇田川玄随の没後,望まれて養嗣子となり津山藩医として江戸詰のかたわら,蘭方医学塾を開き家学の発展をはかるとともに,多くの蘭学者を育成して江戸蘭学の発展に尽くした。本姓は安岡氏,伊勢の生れ,名は璘,字は玄真,号は榛斎。杉田玄白の門にあったとき,その才を認められ養嗣子となったが,訳あって離縁となった。玄随訳《西説内科撰要》を増訂,《西説医範提綱釈義》を刊行して西洋解剖説の普及に貢献,《和蘭薬鏡》《遠西医方名物考》を訳編して西洋薬物学を樹立,幕府に出仕し《厚生新編》訳業に参画した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

宇田川玄真 (うだがわげんしん)

生年月日:1769年12月28日
江戸時代中期;後期の蘭方医
1835年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の宇田川玄真の言及

【膵臓】より

… 東洋医学には〈膵臓〉という概念はなく,いわゆる五臓六腑に入っていない。〈膵〉という字は,江戸時代に宇田川玄真によって造られた和製漢字で,《医範提綱》(1805)に初めて載せられたものである。萃は〈集まる〉という意味で,月(にくづき)と合わせて〈膵〉は〈肉の集合したもの〉すなわち原語のpancreas(pankreas)と同じように,〈すべてが肉からなる〉ということを表したものである。…

※「宇田川玄真」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

宇田川玄真の関連キーワード箕作阮甫旧宅宇田川榛斎亜欧堂田善宇田川榕庵宇田川榕菴青地林宗藤井方亭生年月日戸塚静海工藤謙同吉田長淑坪井信道飯沼慾斎市川玄伯緒方洪庵箕作阮甫稲村三伯青木研蔵

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android