コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇田新太郎 うだ しんたろう

2件 の用語解説(宇田新太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇田新太郎 うだ-しんたろう

1896-1976 大正-昭和時代の電気工学者。
明治29年6月1日生まれ。大正15年八木秀次とともに電波指向性アンテナ(八木-宇田アンテナ)を発明。昭和11年東北帝大教授。電気通信,とくに超短波の研究で知られる。昭和51年8月18日死去。80歳。富山県出身。東北帝大卒。著作に「無線工学」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇田新太郎
うだしんたろう
(1896―1976)

電気工学者。富山県に生まれる。1924年(大正13)東北帝国大学電気工学科を卒業後、母校の講師となり八木秀次(やぎひでつぐ)の下で超高周波工学の研究に従事。1927年(昭和2)助教授、1932年9月より満2年間アメリカおよびドイツに留学の後、1936年東北大教授に就任。この間の「再放射体の導波現象の究明」の研究と現在のテレビ受信用アンテナとして有名な「八木‐宇田アンテナの発明」はとくに傑出したもので、世界的に高く評価されている。これらの研究が行われた1920年代は短波通信の実用化の段階ではあったが、当時の電気工学のなかでは、通信関係の研究の位置は低かった。そのなかで東北大の電気工学科が「弱電工学」の立場から基礎研究を進め、「電気を利用した通信法の研究」に対して財団法人斉藤報恩会から補助金を受けて、超高周波通信の開発に向けて力を結集したことが、宇田の研究の背景となっている。[田中國昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の宇田新太郎の言及

【八木=宇田アンテナ】より

…八木秀次,宇田新太郎によって発明されたアンテナで,給電されたアンテナ素子の前後に無給電の導体棒を並べた形のものである。半波長より少し短い導体棒は電波をその方向に導くので導波器と呼ばれ前方に配列される。…

※「宇田新太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宇田新太郎の関連キーワード有竹秀一尾本義一佐藤亮策神保成吉堤秀夫鳥養利三郎望月重雄百田貞次森兵吾渡辺寧

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宇田新太郎の関連情報