コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木秀次 やぎ ひでつぐ

6件 の用語解説(八木秀次の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

八木秀次

昭和期の電気通信工学者。大正15年宇田新太郎と電波指向方式の「八木アンテナ」を発明。東京工大学長から技術院総裁に就任。戦後大阪大学々長、同名誉教授を経て、全国区から参議院に当選。昭和51年(1976)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

八木秀次【やぎひでつぐ】

電気工学者。大阪府生れ。東大卒。1926年東北大学で宇田新太郎とともに八木アンテナを発明。電波・電子工学広範囲に研究,東京工大学長,技術院総裁,大阪大学総長,参議院議員等を歴任した。
→関連項目岡部金次郎八木=宇田アンテナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木秀次 やぎ-ひでつぐ

1886-1976 大正-昭和時代の電気通信工学者。
明治19年1月28日生まれ。大正8年東北帝大教授となり,同大に電気通信研究所を設立。宇田新太郎とともに15年レーダー,テレビなどに使用される「八木-宇田アンテナ」を発明した。大阪帝大教授,東京工業大学長,技術院総裁,大阪帝大学長などを歴任。昭和28年参議院議員。31年文化勲章。昭和51年1月19日死去。89歳。大阪出身。東京帝大卒。
【格言など】研究者は教育者たるべし(信条)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

やぎひでつぐ【八木秀次】

1886~1976) 電気工学者。大阪生まれ。東北大教授・東京工大学長・大阪大総長などを歴任。電気通信工学を研究、宇田新太郎(1896~1976)とともに、八木アンテナを発明。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八木秀次
やぎひでつぐ

[生]1886.1.28. 大阪
[没]1976.1.19. 東京
電気工学者。東京大学電気工学科卒業 (1909) 後,仙台高等工業学校教授を経て,ドイツドレスデン工科大学に留学。帰国後,東北大学工学部電気工学科教授 (19~31) 。 1926年に八木アンテナを発明,指向性超短波空中線方式,高周波光力変調方式など通信工学に業績が大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八木秀次
やぎひでつぐ
(1886―1976)

電気通信工学者。大阪生まれ。1909年(明治42)東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業し、翌1910年、仙台高等工業学校教授に就任した。1913年(大正2)ヨーロッパに留学し、ドレスデン大学の電気工学者バルクハウゼンについてアーク振動などを研究、このことから短波通信に関心をもった。帰国して、1919年に東北帝国大学教授となり、同大学に電気通信研究所を設立、宇田新太郎とともに、短波長ビームに関する研究を行った。1926年(大正15)研究の成果を発表、「八木‐宇田空中線」「八木‐宇田アンテナ」として世界的に注目された。東北帝大時代の門下に岡部金治郎らの通信工学者がいる。1931年(昭和6)大阪帝国大学理学部創設委員となり、1933年大阪帝大教授、1942年同大理学部長、のち東京工業大学学長、1944年技術院総裁、1946年大阪大学総長を歴任。この間、電気通信学会・電気学会会長を務めた。1956年文化勲章を受章した。[山崎俊雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八木秀次の言及

【電波】より

…20年ころより,ラジオ放送はアメリカやイギリスの各都市で始められ,急速に全世界に広がっていった。さらに25年にはイギリスのJ.L.ベアードがテレビの実験に成功し,26年にはイギリスでテレビの公開実験が行われ,また同じ年に八木秀次,宇田新太郎により八木・宇田アンテナが発明されるなど,今日のテレビ放送の基礎が築かれた。このように電波は,われわれの社会や生活を豊かにするのに大いに貢献している。…

【八木=宇田アンテナ】より

…八木秀次,宇田新太郎によって発明されたアンテナで,給電されたアンテナ素子の前後に無給電の導体棒を並べた形のものである。半波長より少し短い導体棒は電波をその方向に導くので導波器と呼ばれ前方に配列される。…

※「八木秀次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八木秀次の関連キーワード有竹秀一宇田新太郎尾本義一佐藤亮策清宮博堤秀夫鳥養利三郎百田貞次森兵吾渡辺寧

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八木秀次の関連情報