コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宇都野研 うつの けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都野研 うつの-けん

1877-1938 大正-昭和時代前期の歌人。
明治10年11月14日生まれ。東京の小児科医。大正6年佐佐木信綱の竹柏(ちくはく)会にはいる。のち窪田空穂(くぼた-うつぼ)に師事し,短歌誌「朝の光」や「勁草」を主宰した。昭和13年4月3日死去。62歳。愛知県出身。東京帝大卒。本名は研(きわむ)。歌集に「木群(こむら)」,歌論に「実作者の言葉」など。
【格言など】物を言ふけだものどもとあらがへばたましひ吾れの身を遠ざかる(「木群」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都野研
うつのけん
(1877―1938)

歌人。愛知県生まれ。本名は研(きわむ)。東京帝国大学医学部卒業。小児科医。初め佐佐木信綱(のぶつな)、のちに窪田空穂(くぼたうつぼ)に師事。短歌誌『朝の光』(1934創刊)を主宰。知性の冷徹と、生への情熱の反映する、鋭く現実ときり結ぶ作をなした。歌集に『木群(こむら)』(1927)など。歌論集に『実作者の言葉』(1933)など。『宇都野研全集』上下(1939)がある。
 事切れし子にし哭(な)きつるその手して賜(た)びたる銭をふところにしぬ[武川忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宇都野研の関連キーワード11月14日武川忠一杉田鶴子氏家 信

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android