宇都野研(読み)うつの けん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宇都野研 うつの-けん

1877-1938 大正-昭和時代前期の歌人。
明治10年11月14日生まれ。東京の小児科医。大正6年佐佐木信綱の竹柏(ちくはく)会にはいる。のち窪田空穂(くぼた-うつぼ)に師事し,短歌誌「朝の光」や「勁草」を主宰した。昭和13年4月3日死去。62歳。愛知県出身。東京帝大卒。本名は研(きわむ)。歌集に「木群(こむら)」,歌論に「実作者の言葉」など。
【格言など】物を言ふけだものどもとあらがへばたましひ吾れの身を遠ざかる(「木群」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宇都野研
うつのけん
(1877―1938)

歌人。愛知県生まれ。本名は研(きわむ)。東京帝国大学医学部卒業。小児科医。初め佐佐木信綱(のぶつな)、のちに窪田空穂(くぼたうつぼ)に師事。短歌誌『朝の光』(1934創刊)を主宰。知性の冷徹と、生への情熱の反映する、鋭く現実ときり結ぶ作をなした。歌集に『木群(こむら)』(1927)など。歌論集に『実作者の言葉』(1933)など。『宇都野研全集』上下(1939)がある。
 事切れし子にし哭(な)きつるその手して賜(た)びたる銭をふところにしぬ[武川忠一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

うつの‐けん【宇都野研】

歌人。愛知県出身。東京帝国大学卒。はじめ佐佐木信綱に、のち窪田空穂に師事、歌誌「勁草(けいそう)」を創刊主宰。歌集「木群」「春寒抄」。明治一〇~昭和一三年(一八七七‐一九三八

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android