コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定操作 アンテイソウサ

3件 の用語解説(安定操作の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あんてい‐そうさ〔‐サウサ〕【安定操作】

時価発行増資や時価転換社債の発行を行うときに、その株価の相場を安定させる目的で市場において行う一連の売買取引。また、その委託・受託。法令により、厳格な要件のもとでのみ認められている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あんていそうさ【安定操作】

有価証券の相場を釘付け,固定し,又は安定する目的を以て,有価証券市場における一連の売買取引又はその委託若しくは受託を〉すること。人為的に有価証券の相場を操縦するものであるが,有価証券の募集または売出しを容易にするために行う場合に限って,一定の要件の下に許容される(証券取引法159条3項,同法施行令20条1項)。有価証券の募集または売出しが行われると大量の有価証券が有価証券市場に流入し,有価証券市場における有価証券の需要と供給の均衡が一時的に崩れることになるが,これを中和して,有価証券の発行による産業資金の調達を可能にするために有益なものとして,適法とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あんていそうさ【安定操作】

ある株式の相場を安定させるために取引所で行う売買取引。株式の募集・売り出しを支障なく行うために限定するなど、厳格な条件の下でのみ認められる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

安定操作の関連キーワード証券業金銭証券代用有価証券有価証券通知書混蔵保管店頭有価証券主幹事会社店頭売買有価証券投資有価証券

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone