コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安定貨幣 あんていかへい

2件 の用語解説(安定貨幣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

安定貨幣【あんていかへい】

安定通貨

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安定貨幣
あんていかへい
stable money

この概念は、貨幣(通貨)の望ましい状態をいうもので、金属貨幣とか信用貨幣のような貨幣そのものの定義に関係するものではない。そして、完全な金本位制ではなく、国内で銀行券が主流をなしている管理通貨制度の下で、通貨の対内価値が安定した状態にある貨幣をさす用語である。換言すれば、金融政策の目標を一般物価水準の安定に固定し、それを達成するように通貨供給が管理されている状態の貨幣ともいえよう。安定貨幣の思想は、第一次世界大戦後の1920年代にJ・M・ケインズが『貨幣改革論』A Tract on Monetary Reform(1923)で、またI・フィッシャーが『ドルの安定』Stabilizing the Dollar(1920)のなかで主張しており、管理通貨制度が安定通貨の実現にとり、理想的な制度であることを主張するために登場した用語である。
 その後、1930年代の世界的な経済恐慌を経験して、物価の安定よりも完全雇用が求められるようになったため安定通貨の思想も後退した。第二次世界大戦から戦後にかけて国際通貨体制がIMF(国際通貨基金)体制となり、さらに1970年代初頭に固定相場制から変動相場制へ移行するに伴い、貨幣思想も激変したため、今日では、この概念は過去のものになってしまったといえよう。[石野 典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone